似顔絵師マジェリンとかっとのブログです

似顔絵師夫婦のブログ

かっと

4歳の子育て

投稿日:

最近、4歳の娘がわがままになってきて、ちょっと自分のしつけが甘過ぎたなと反省しています。甘えさすのと甘やかすのは違いますね。怒る必要はないけど、しつけはしないと。嫁に言われて気付きました。

正直、子育てには自信がありました。昔から子供と遊ぶのは好きで、7つ下の妹が生まれた時もよく遊んだり子守をしていたし、この間も娘も含めて近所の子供達と鬼ごっこしたり、基本的に子供とすぐ打ち解けるし、遊ぶのが好きです。

大人になって、子育てに関する情報を色々知る機会があっても、書いていることは「頭ごなしに怒ることは良くない」「子供の自尊心を育てることが大事」など自分の考えと一緒でした。「自分の親の子育ては良かったんだな」「自分の性格は子育てに向いているな」と思うことの方が多くて、自分も親にしてもらったようにして、あとは最近の子育て情報をちゃんと調べたうえで、夫婦で相談すれば大丈夫だろうと。

そして、僕は基本的に全く怒らない性格なので、「2歳〜3歳のイヤイヤ期は怒ってもムダで受け止めてあげれば良い」と聞いていたので、出来るだけ受け止めていました。そうやってイヤイヤ期も乗り越えて、子育てに対してちょっと自信過剰になっていた面もあると思います。

イヤイヤ期も終わって4歳になったのに、イヤイヤ期のように子供の気持ちをなだめることにばかりに気を取られ過ぎていたなと思います。
ダダをこねたらなんでもしてもらえると思ってはいけないので、当たり前ですが、ちゃんと悪いことをしたらしつけるのも愛情だなと。

そして、まだ時間はかかりますが、叱られてもイヤイヤ期と違ってちゃんと理解しようと娘も変化しているのを感じます。

というわけで、妊娠がわかった後、本屋さんで買った2冊のうちの1冊を読み返しています。

子育ての勉強を早くしたくてとりあえず本屋さんで何となく買った2冊ですが、1冊は内容が3歳くらいからの子育てが多くて、あまり読んでなかったんですよね。
アマゾンのレビューは悪いし、よつばとは読んだことないし、何となく本屋で買っただけですが、
Iメッセージで伝えるのは早速効果ありでした。

ちなみに妊娠中に買ったもう一冊はこれ

一応予習のつもりで買ったんですが、すでに子育てのイメージがあったので予習というかほとんど確認作業でした。ある意味子育てに対して自信過剰になる原因だったかも。。。子育てのイメージが湧かないお父さんにはオススメです。

子育てについて嫁と話す直前、最後のわがままと思って保育園を休んでアンパンマンミュージアムに娘と2人で行きました。

食パンマン

食ぱんマンにむっちゃ甘える娘(笑)

-かっと

Copyright© 似顔絵師夫婦のブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.